ガーデニング

ビオラはいつまで咲く?花の長い楽しみ方と寄せ植えのやり方と相性!間隔の取り方も

ビオラいつまで咲く

秋から春までの長い期間、花を楽しめるビオラ。冬の花壇を彩ってくれる存在です。

初心者でも育てやすいため、ガーデニング初心者の方にもおすすめの植物なんですよ。

せっかくビオラを育てるなら、少しでも長い間、花を楽しみたいですよね。どうすれば、花を長い期間、楽しめるのでしょうか。

今回は、ビオラの花を長く楽しむ方法、また寄せ植えとしてのビオラの楽しみ方などについて詳しくご紹介します。

ビオラはいつまで咲く?花の長い楽しみ方

ビオラの開花期間は、11月~6月と長く、3月下旬~5月には見ごろを迎えます。

花の色は白やピンク、紫や青など様々な色があります。カラフルに花壇を彩ってくれる、可愛らしい花ですよね。

ビオラは育て方によって、咲く花の数が少しずつ変わってきます。

花をたくさん咲かせるために大切なのは、花がら摘みという作業です。花がら摘みは、咲き終わった花をとる作業のことです。

花がらをそのままにしておくと、種を付けることに株のエネルギーが使われてしまいます。次の世代を残すことが、重要なミッションになるからですね。

ですから、まだ種は採取しないというときには、花がらを摘み取るようにしましょう。

そうすると、種を付けることへのエネルギーが使われないため、次々と花を咲かせてくれますよ。

花がら摘みをすると、ワンシーズンで咲く花の数や花の開花期間にかなりの差が出てきます。

花がらを摘むタイミングは、花が咲き終わり、花びらがくるんとカールし、しわしわになった時がいいですよ。

一度花が咲いた茎からは、再び花芽が出ることはありません。ですから、花の茎の根元から摘んでしまいましょう。

花茎をねじると簡単に摘み取れますよ。もちろん、清潔なはさみを使って切り取っても大丈夫です。

花がら摘みと同じように大切な作業には、寒い時期の切り戻しと摘心もあります。

寒い時期に切り戻しや摘心をすると、脇芽を出しやすくなり開花期にたくさんの花をつけることができます。

切り戻しや摘心をする際は、新芽を切らないように注意しましょうね。

また、切り戻しは特にやりすぎてしまうと花の咲く時期が遅れることもあります。遅くても12月中旬を目安に切り戻しを終わらせるようにしましょう。









ビオラの寄せ植えのやり方と相性の良い植物

ビオラは草丈が低く、花つきがいい植物で土を隠すのに向いている植物です。

そのため、寄せ植えに使う植物としても人気があるんですよ。

寄せ植えにするときは、ビオラと同じような育て方手入れ方法で育つ植物を選ぶようにすると、管理がしやすいですよ。

鉢は、10~20年と長く使うことを考えて購入します。置く場所の背景や床の色、質感を思い浮かべながら購入をすると、失敗しにくいですよ。

オススメはテラコッタなどの素焼きの鉢です。

テラコッタなど素焼きの鉢は、通気性や排水性が良く植物を育てやすい特徴があります。また、価格も安いものからあるのでおすすめですよ。

ビオラを寄せ植えにするときは、冬から春に咲く花を選ぶのがオススメです。

寄せ植えでは花の大小を楽しんだり、生長後のバランスをイメージして植物をチョイスしていきます。

色のバランスも見るようにしましょう。反対色の植物を使い、鮮やかな印象にするのもいいですね。また、色がごちゃごちゃしすぎてしまったなと思った時には、白い花を入れるとまとまりやすくなりますよ。

まず、鉢に鉢底ネットを敷き用土を入れていきましょう。牛ふん堆肥などを元肥として入れておくといいですね。

縁から3cmほど下まで用土を入れたら、寄せ植えにする植物の苗の根鉢を崩しましょう。根を広げて、鉢に植え付けていきます。

浅く植えないように注意しましょうね。

周りにまた用土を入れ、たっぷり水やりをしたら完成です。

ビオラと寄せ植えをするのにオススメの植物は、以下を参考にしてみてくださいね。

ストック

チューリップ(球根を忍ばせておく)

パンジー

ガーデンシクラメン

・スイートアリッサム

・シルバーレース

・プリムラ

・アセビ

・シルバーレース

・ハナカンザシ

・イベリス

・バコバ

アイビー

・ローゼンセマム

・ノースポール









植えるときの間隔の取り方も

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@kumiko.t510がシェアした投稿

ビオラに限らず植物の株は、どんどん大きくなっていきます。

ですから植えるときには、大きくなった時のことを考えて植え付けましょう。

プランターなら15cmくらいの間隔で、地植えなら20~25cmの間隔で植えるようにしましょうね。

間隔が狭すぎると、花が大きくならないので注意が必要です。

反対に間隔を空けすぎると、花壇や鉢全体の色がばらけてしまい美しくないので気を付けましょうね。









まとめ

ビオラは花の期間が長い植物ですが、お手入れをすることでさらに長く、そしてたくさんの花を楽しむことができます。

花がら摘みも切り戻し、摘心も難しいことではないのでぜひ挑戦してみてください。

また、寄せ植えでビオラを楽しむのもおすすめ。

ビオラより大きな花のパンジーを一緒に植えるのもいいですね。

植える植物や植える方法次第で、さまざまな寄せ植えを楽しむことができます。

こちらもぜひ挑戦してみてくださいね。

こちらの記事も読まれています

あわせて読みたい
ビオラが咲く時期はいつ
ビオラが咲く時期はいつ?摘心や切り戻しの方法や液肥をやるタイミングも冬にカラフルな花を咲かせるビオラ。別命、花壇の女王とも呼ばれています。 寒い時期に花を咲かせるビオラですが、開花期はいつからいつまでな...
あわせて読みたい
ビオラを増やして楽しむ方法
ビオラを増やして楽しむ方法!植え替え時期や株分け方法も寒さに強く、晩秋から春までの長い期間花を咲かせるビオラ。 冬の花壇に彩りを与えてくれるため、冬のガーデニングにもってこいの植物ですよね...
あわせて読みたい
ビオラの元気な育て方
ビオラの育て方!地植えや鉢植え・プランターで元気に育てる方法は?ビオラは秋から春までの、他の花が咲きにくい寒い時期に花が咲く植物です。 初心者でも育てやすく、期間も長く咲くことから、ガーデニングを楽...

 

ミュゼ公式アプリのダウンロードで半額になるコースも!