スポンサーリンク

ユーカリベイビーブルーの苗からの育て方!地植えだと良く育つ?水やりや剪定も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーカリベイビーブルーの育て方

動物園などでコアラが食べているというイメージが強いユーカリ。

ユーカリの中にも種類が色々あるのですが、その中でもユーカリベイビーブルーという品種はご存じですか。

ユーカリベイビーブルーは、日本でも比較的流通している種類のユーカリです。

今回は、ユーカリベイビーブルーの特徴や苗からの育て方、地植えと鉢植えの違いや水やりなど、ユーカリベイビーブルーについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

ユーカリベイビーブルーの特徴

ユーカリベイビーブルーとはどのような植物なのでしょうか。

ユーカリベイビーブルーは「リトルボーイブルー」という販売名でも呼ばれるユーカリです。

銀世界ユーカリとしても有名で、キレイなエメラルドグリーンで表面に少し光沢があるような葉が特徴です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

aricoさん(@hug_official_)がシェアした投稿

このエメラルドグリーン色の葉は、柑橘系の香水のような甘い香りがし、香りが強く、ドライにしてもその香りが残るのでリースなどによく使われます。

ユーカリベイビーブルーは切枝用に改良された園芸品種なので、高さが1m程でも花が咲き大きくても6m程にとどまります。

原種のユーカリと比べると少しデリケートではありますが、比較的育てやすいのも特徴です。

ユーカリの種類にしては珍しく虫害にあいやすいので、ムレなどに気をつけると良いかもしれません。

スポンサードリンク

苗からの育て方

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ayako Mashikoさん(@littlegarden20131113)がシェアした投稿

ユーカリベイビーブルーは苗で流通していることが多い植物です。

そこで苗からの育てかたを簡単に見てみましょう。

ユーカリベイビーブルーは、終日直射日光が当たる場所で育てるのが最適です。ですが、ユーカリベイビーブルーは日陰にも少し強いので、半直射日光でも育てることはできます。

葉を大きく健康に育てたい場合は日光に当てて育てるようにしましょう。

根張りがユーカリベイビーブルーはデリケートなので、縦長の鉢を使って育てるのがオススメです。

植え替えには弱いので、植え替えをする時は値を傷つけないように気をつけるようにしましょう。

スポンサードリンク

地植えだと良く育つ?プランターでは?

ユーカリベイビーブルーは、成長速度は遅めで地植えの庭木として最適なサイズ感です。

また、地植えをすると一度植え付ければ植え替えの必要が無いので根を傷つけることもなく育てることができます。

プランターや鉢でも育てることはできますが、室内での管理は日光が弱かったり余分な水分を用土に残し続けてしまうので、オススメできません。

また、鉢選びもこだわるとユーカリベイビーブルーを育てやすくなります。

素焼きの鉢が良いのですが、素焼きの鉢は重く場所をとり、耐寒性が落ちてしまうというデメリットもあります。

そこでスリット鉢という鉢がユーカリベイビーブルーを育てる上ではオススメです。

スリット鉢は、用土の乾燥が進みやすく、コンパクトで低価格というメリットがあります。

ユーカリベイビーブルーは乾燥気味を好むので、用土の乾燥が進みやすいことで、過湿を避けることができます。

鉢植えやプランターでユーカリベイビーブルーを育てる時は、2〜3年に一度植え替えを行うようにしましょう。

4〜7月頃にユーカリベイビーブルーを鉢から出し土をほぐして、伸びすぎた枝や太い根を切り詰めて一回り大きい新しい鉢へ植え替えます。

スポンサードリンク

水やりや剪定のコツも

ユーカリベイビーブルーは他の植物から比べるとはるかに乾燥を好みますが、ユーカリの中では水好きな種類です。

とはいっても、水やりは土の表面が乾いたらあげるというやり方にしましょう。

たっぷりあげてしまうと、夏以外の季節だと挙げすぎている状態になってしまうので気をつけるようにしましょう。

高温多湿に極端に弱いユーカリベイビーブルーですが、よほどでなければ枯死することはありません。

3〜5月または9〜10月頃には剪定をおこないましょう。

剪定をすることで、日光が当たりやすくなり風通しを良くするので、形を整えて害虫の発生や枯れることを防ぐことができます。

ユーカリベイビーブルーの剪定をする時は、葉を減らすイメージで伸びすぎている枝や混みあっている枝を適度にカットするようにします。

カットする際は、枝の途中で切るのではなく、枝の付け根でカットしましょう。

剪定するときに切る枝を迷ったときは、ユーカリから透かして反対側の景色が見えるように間を透かしながら枝をカットしてあげるのがコツです。すっきりとした綺麗な樹形に整っていきます。

■良品庭木■ネイティブプランツユーカリベイビーブルー4号ポット苗

スポンサードリンク

まとめ

ユーカリベイビーブルーは、切枝用に改良された園芸品種なので、庭木としても最適なサイズのユーカリです。

ユーカリの中では比較的成長が穏やかで、少しデリケートですが育てやすい種類でもあります。

高温多湿には極端に弱いので、水やりのしすぎや風通しの悪い場所に置かないように注意しましょう。

地植えでもプランターや鉢植えでも育てることが出来るので、庭のスペースが限られていても育てることができます。

多少日が当たらなくても育つ分に問題はありませんので、ユーカリを育ててみたいけれど日が当たるところが少ない、などという場合はユーカリベイビーブルーがオススメです。

ユーカリの関連記事はこちら

ユーカリ ポポラスの育て方!苗を室内で育てる方法と鉢植えや地植のメリットデメリット

観葉植物として室内で育てるのに人気なユーカリ。中でもユーカリポポラスは葉っぱの形がハート型で、可愛いことからユーカリグニ―と並んで人気の品種です。ユーカリポポラスの特徴を活かして、上手に育てませんか?鉢植えと地植えにもそれぞれメリットデメリットがあります。ちょっとしたコツを知ることで、室内でも大きく育ち過ぎず枯らすこともなく長く楽しむことが出来ますよ。

ユーカリポポラスは耐寒性があるの?育て方の注意点と剪定や挿し木のやり方も!

生育が旺盛で、庭で地植えにするととても大きくなることもあるユーカリポポラス。鉢植えでも地植えでも育てることができる植物です。ユーカリポポラスを庭に植えると気になってくるのは、そのままでも冬越えができるのかということではないでしょうか。そこで今回は、ユーカリポポラスに耐寒性があるのかどうか、育てる時の注意点、剪定の方法の種類や挿し木での増やし方についてわかりやすくご紹介します。葉の色が白っぽくなるのは、クロロフィルという鉄分不足の症状かもしれませんよ。大切に元気に育てて、長く楽しみたいですね。

ユーカリポポラスは成長が早い!?対処法とドライフラワーやリースで楽しむ簡単な方法や花言葉も

丸いコイン型の葉が可愛らしいユーカリポポラス。ユーカリは生育が旺盛だ、ということは聞いたことがありますか。生育が旺盛といっても、との程度早いのか気にるのではないでしょうか。剪定で切ったユーカリポポラスをそのまま捨てるのはもったいないと思うこともあるかもしれません。今回はユーカリポポラスの成長の早さについて、またドライフラワーなどの活用方法についてご紹介します。リースやドライフラワーで可愛く飾って、長く楽しんでみて下さいね。