ガーデニング

ビオラの育て方!地植えや鉢植え・プランターで元気に育てる方法は?

ビオラの元気な育て方

ビオラは秋から春までの、他の花が咲きにくい寒い時期に花が咲く植物です。

初心者でも育てやすく、期間も長く咲くことから、ガーデニングを楽しむ方にとても人気があるんですよ。

冬の花壇の主役にもなるビオラですが、どのように育てていけばよいのでしょうか。

ビオラの地植えと鉢植え・プランターでの育て方について詳しくご紹介します。ぜひこの記事を参考にして、秋から春のガーデニングを楽しんでくださいね。

ビオラの基本の育て方

ビオラは種、または苗から育てていくのが一般的です。

苗で売っていることも多く、苗から育てたほうが簡単で花を咲かせやすい、というメリットがあります。

しかし、もちろん種からでもしっかりと花を咲かせられますよ。

ビオラの種まきは、9月~10月頃の暑さが落ち着いてきた時期におこないます。

発芽適温は15~20℃なので、それ以上の気温だと芽が出にくくなります。最高気温が20℃を下回るようになったら種まきするのがオススメ。

セルトレイや育苗箱などに種まきをしていきましょう。用土は、市販の種まき専用土が簡単でいいですよ。もしくは、赤玉土:川砂:ピートモスを5:1:4の割合で混ぜたものを使ってもいいですね。

種を植えた後にかぶせる土は、薄くしましょう。あまり厚く覆土をしてしまうと発芽できないので注意が必要です。

本葉が3~4枚になったらポットに植え替えをおこないましょうね。

苗から育てる場合も、寒くなってきて霜が降りる前までに植え付けます。大体、10~11月が目安です。

水やりは午前中におこなうようにしましょう。午後に水やりをすると、霜が降りるような気温の夜、土が凍ってしまいビオラが霜でやられてしまう恐れがあります。

午前中に水やりをしておくと、土の中の水分がだいぶ減るので安心ですね。

土が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。水切れに敏感なビオラですが、土の状態をきちんと確認してからおこなえば、心配はいりませんよ。

地植えで育てている場合は、基本水やりは不要です。乾燥する日が続く場合には水やりをしましょうね。

半年にわたって花を咲かせるビオラには、肥料は欠かせません。定期的に与えるようにしましょう。

ゆっくり効くタイプの緩効性肥料がおすすめです。

花期が長く、生長しすぎてしまうこともあるビオラは剪定をするようにしましょう。

生長しすぎると、伸びた茎が倒れたり、枯れたりしてしまいます。定期的に切り戻しをおこない、長さを調整するようにしましょう。

また、花がら摘みもビオラには大切な作業です。花がら摘みとは、咲き終わった花を摘んでしまうことです。

咲き終わった花をそのままにしておくと、種を付けることにエネルギーが回ってしまいます。そうすると、花の咲きが悪くなってしまいます。

茎の根元部分から花がら摘みすると、次々と花が咲き長い期間花を楽しめますよ。

ビオラを育てる用土は、水はけ、水もち、通気性の良い土を選びます。

市販の草花用培養土などでも十分ですよ。自分でブレンドする場合は、赤玉土:腐葉土:パーライトを6:3:1の割合で混ぜましょう。

ビオラは一年草のため、植え替えは必要ありません。

翌年も育てたいという場合には、種を集めておくようにしましょうね。









地植えで育てる方法

ビオラを地植えで育てる場合は、風通りがよく日当たりのよい場所に定植させるようにしましょう。

植え付けは、霜が降りる季節より前、もしくは霜が降りなくなってからのどちらかの時期におこないます。

花を長く楽しむためには、秋に植え付けるのがオススメ。

種から育てる場合は、セルトレイなどに種まきをし本葉が3~4枚になったらポットに植え替えます。その後、根が十分に回ったら定植するようにしましょう。

植え付け直後には水やりをしますが、その後は基本水やりは不要です。乾燥が続くようなときは、水やりをするようにしましょう。

株間は20cm位を目安に植え付けます。

用土は、水はけ、水もち、通気性の良い土になるように改良しましょう。

植え付ける場所に、あらかじめ堆肥や腐葉土をすきこんでおくのがいいですね。水はけが悪い場合には川砂も混ぜておきましょう。

そして、元肥として緩効性肥料を混ぜれば土の準備は出来上がりです。

その後は基本の育て方を参考にしてみてくださいね。









鉢植えやプランターで元気に育てる方法は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大平 淳子さん(@junko.ohhira)がシェアした投稿

鉢植えやプランターでビオラを育てる場合、風通しよく日当たり良い場所に置いて管理しましょう。

ビオラの苗が入っている元のポットより、一回り大きい鉢を選んで植え付けます。鉢植えは、いつでも植え付けすることができますよ。

用土は花用の培養土やパンジー・ビオラ専用の土を使うのがおすすめです。自分でブレンドする場合は、赤玉土:腐葉土:牛ふん堆肥を6:3:1の割合で混ぜたものがいいでしょう。

必ず緩効性の元肥を入れるのを忘れないようにしましょうね。

また、植えつける深さに注意しましょう。

深さは、ポット苗の土と同じくらいの深さに土を掘って植え付けるようにします。深すぎたり浅すぎたりしないように気をつけましょうね。

表土が乾いたら水やりをおこないます。過湿にならないように気を付けながら管理していきましょう。

プランターに植える場合の株間は10cmを目安にしましょう。鉢ならば、5号鉢に苗一つくらいが目安です。









まとめ

ビオラの基本の育て方などは分かったでしょうか。

初心者の方でも育てやすい植物ですので、気負いすぎず楽しみながら育てていきましょう。