スポンサーリンク

シナモンパウダーが冷え性にいい理由と摂取量の目安!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シナモンパウダーが冷え性にいい理由

スパイスの王様と呼ばれ、豊富な栄養素を含んでいるシナモン。シナモンロールやコーヒーなどによく使われているスパイスなので、聞き覚えがあるかもしれません。

そのシナモンをパウダー状にしたシナモンパウダーは、女性に多いといわれている末端冷え性によく効くといわれています。

シナモンパウダーは本当に冷え性に効くのでしょうか。今回は、シナモンパウダーについて冷え性によいとされる理由、摂取量についてご紹介します。

スポンサードリンク

シナモンパウダーとは

シナモンは、世界でもっとも古くから知られているスパイスです。クスノキ科クスノキ属の熱帯性常緑樹でスパイスとしては、樹皮が使われています。シナモンパウダーはそのシナモンをパウダー状に仕上げたものです。

日本で古来からニッキとして使われてきたものは、シナモンとは別の種類の木ですが、区別されずにシナモンと表記され流通している場合がほとんどです。

シナモンパウダーと砂糖を混ぜたシナモンシュガーは世界的によく知られていて、パンにかけて食べたりコーヒーや紅茶に振りかけて使われることもあります。

スーパーで手軽に買うことができるスパイスで、漢方薬としても使用されています。

シナモンはシナモンパウダー以外にも、樹皮をそのまま細長く巻いた形をしているシナモンスティックなどがあります。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さちさん(@sachi.hamu)がシェアした投稿

スポンサードリンク

冷え性にいいってホント?

シナモンパウダーが冷え性にいいというのは本当でしょうか。結論から言うと、冷え性の改善に効果があるといえるでしょう。

冷え性は体が冷えるというだけではなく、肩こりや頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠、ガンなどの原因になることもある症状です。また、多くの女性の方は末端冷え性で困っているそうです。

冷え性を改善するためのポイントは、血行を改善し筋肉量を増加させるということです。シナモンパウダーは、血行の改善に特に役立ちます。

漢方薬としてのシナモンは、手足やお腹を温める働きや、血行を良くする効果、発汗を促す、痛みを和らげるなどの働きがあります。

シナモンパウダーを摂取することで、血行不良の原因である毛細血管の減少を食い止め毛細血管の健康を維持する効果があります。また同時に血行を促進する効果もあるので、冷え症に効果があるといえます。

毛細血管は体の酸化やストレスなどで炎症を起こし傷ついてしまいます。また、毛細血管が減少すると、血液が末端まで行かないことが原因で手足の冷えを起こします。冷えを放置してしまうと、さらに毛細血管が減少するという悪循環を起こしてしまうこともあります。

シナモンは、毛細血管を修復し、血管の健康を維持する効果があるので、それにより血流も改善することができます。

直接毛細血管に働きかけるので血管が丈夫になり、冷え性が改善されることで血行が良くなるため、体調も良くなりむくみまで解消されます。美肌を目指すこともできますよ。

スポンサードリンク

摂取量の目安は?

冷え性を改善するために、シナモンパウダーはどのくらい摂取すればよいのでしょうか。

シナモンパウダーは、食べすぎてしまうとクマリンという成分が肝機能障害を引き起こしてしまいます。健康のためといって過剰摂取するのは避けるようにしましょう。

効果を得るのが目的であれば、一日に0.6g程度で十分です。シナモンパウダーで言うと、小さじ3分の1程度です。

また、東京都福祉保健局のホームページでは、一般的に売られているシナモンのカシア種では、健康に害のない一日当たりの摂取量は体重50kgの人で1,5gとされています。これは小さじ1と2分の1程度です。

スーパーなどで売っている小瓶のシナモンパウダーは12gほどなので、かなり多くの量を使わないことには一日当たりの摂取量は超えないでしょう。

また、一度に摂りすぎてしまったからといってすぐに健康を害するわけではないので、もし摂りすぎてしまったなと感じた場合は、数日間は摂取を控えるようにすれば良いでしょう。

長期的に過剰摂取するのは、とても危険ですので気を付けましょう。

より効果を早く実感したいという場合は、一日に3g程度を目安に摂取すると良いかもしれません。ただし、シナモンパウダーは2~3日は効果が持続するので、3gを摂取するのであれば、毎日ではなく、2~3日におきに2~3gを摂取すれば十分です。

シナモンの効果は摂取してから3時間ほどから出てくるので、漢方薬の中でも即効性のある薬として知られています。

スポンサードリンク

まとめ

シナモンパウダーは、漢方薬としても使われていて冷え性にも効果があることがわかりました。

冷え性への効果は、シナモンパウダーが直接毛細血管に働きかけ、体の酸化やストレスにより傷ついた毛細血管の修復をし、血流を良くすることで得られます。

2~3日おきに2~3g程度を摂取するだけで効果を得ることができるので、とても簡単なのもよいですね。

スーパーなどで簡単に手に入れることができるので、シナモンパウダーで冷え性を改善してみるのはいかがでしょうか。

こちらも読まれてます
シナモンパウダーはお菓子の香り付けなどによく使われるスパイスで、体を温める効果があることで良く知られています。「スパイスの王様」とも呼ばれるシナモンパウダーですが、どのくらいの栄養があるのかなども気になるところですね。今回はシナモンパウダーの栄養価、カロリー、糖質などについてご紹介していきます。
シナモンパウダーは、一時期テレビなどで薄毛や抜け毛にいいということが話題になりました。髪にいいというのは本当なのでしょうか。また、シミにも効果があるといわれることもありますが本当なのでしょうか。今回は、シナモンパウダーの育毛やシミへの効果について、本当なのかどうかなどということをご紹介します。
漢方としても使われているシナモンは、体を温めたり血行を良くするのに効果的です。シナモンパウダーを使いたいけれど、どのように使えばいいかわからず困ってしまうこともあるかもしれません。そこで、シナモンパウダーのいろいろな使い方や簡単なレシピ、そして飲み物などに入れて溶けないときの対処法などをお伝えします。
ミイラの防腐剤にも使われたシナモンは、古来、霊的効果を高めるとされていますが、今回はそんなシナモンの体に良い影響を与える成分や、白髪にも効果的なハーブティーのいれかたなどをご紹介します。体に良いからといって取りすぎても逆効果?摂取量の目安なども合わせてご紹介しています。

観葉植物のブルーミングスケープは
こちら♪
↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ