ハーブ

コリアンダーの効能!パウダーやシードの使い方と無い時に代用品で使える野菜とは?

コリアンダーパウダーやシードの使い方
コリアンダーパウダーやシードの使い方

コリアンダーという名のハーブはご存じですか?

香菜(シャンツァイ)やパクチーとも呼ばれるハーブで、独特な匂いや味がすることから、好き嫌いがはっきりと分かれる植物でもあります。

最近ではパクチーとしてブームになったりもしています。

今回は、コリアンダーとはどのようなハーブなのか、効果や効能には何があるのか、またコリアンダーパウダーやコリアンダーシードの使い方や代用品で使える野菜についてご紹介します。

コリアンダーとは

コリアンダーとはどのようなハーブなのでしょうか。

コリアンダーは「パクチー」「香菜(シャンツァイ)」「中国パセリ」とも呼ばれる植物です。

地中海沿岸が原産で、セリ科の一年草のコリアンダーはタイ料理ベトナム料理、中国料理などアジアや中近東の料理で使われることが多くあります。

紀元前からコリアンダーは重要なスパイスや薬用、肉の保存等として使われてきました。

また、古代エジプトでは、薬や香辛料としてだけではなく「幸福のスパイス」と呼ばれ死者と一緒にお墓に入れるという習慣もありました。

葉を生で食べたり種子や葉を乾燥させて使うことが出来るコリアンダーですが、葉や熟す前の実の香りはとても独特で、カメムシや南京虫の匂いに例えられることもあります。

この香りが、コリアンダーの好き嫌いがはっきり分かれる要因のひとつとなっています。









コリアンダーの効能

コリアンダーは独特な香りがするため苦手という方も多く見受けられるのですが、この香りは更年期障害の予防美肌作り消化促進などに役に立っています。

老化の原因である活性酸素の生成を抑え細胞の新陳代謝を促す働きのおかげで肌が若返ったり、血管が若くて丈夫になります。

また糖尿病アレルギー高血圧ストレスなどもこの活性酸素が原因の一つとも言われているので、このような症状が緩和されることもあります。

ビタミンCビタミンEカルシウムなど栄養素も豊富に含まれているので美肌作りにも効果があります。

コリアンダーは鎮静作用もあるので、偏頭痛などの症状を緩和してくれたり、抗酸化作用によりアンチエイジング効果が期待できるのも嬉しい効果です。

他にも体内にたまった毒素や有害金属を体外へ排出するデトックス効果もあるので、便秘や肌荒れ、むくみ、集中力の低下なども防ぐことができます。

便通を整えたり、腸内にたまったガスを排泄するなど腸への効果も期待できます。

消化促進効果もあり、食後の胃もたれを解消してくれる効果もあります。

胃の中の異常発酵で発生する口臭を抑えたり胃の調子を整えてくれます。









コリアンダーのパウダーやコリアンダーシードの使い方

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yukiko Sagaeさん(@yukiko_sagae)がシェアした投稿

コリアンダーパウダーコリアンダーシードというものがスーパーなどで売っているのを見たことがある方もいるかもしれません。

コリアンダーシードは、生の葉と違い甘くさわやかでほんのりとスパイシーな香りがあります。

コリアンダーシードのホールのまま使うと香りと歯ごたえを楽しむことが出来るのが特徴です。

ホールのままは食べにくいという方は、軽く炒ってから粉にひいたりコリアンダーパウダーを選ぶと良いかもしれません。

肉類や卵豆類の料理やお菓子などコリアンダーシードは色々な料理に使うことができます。

ピクルスやマリネの香り付けにそのまま使ったり、コリアンダーパウダークッキーカステラの生地に混ぜるのも良いかもしれません。

また、普段の料理にコリアンダーパウダーを混ざることで味に奥行と深みが出ます。照り焼きチキンきんぴらごぼうなどに加えるのがオススメです。









コリアンダーパクチー(香菜)の代用に使える野菜はあるの?

コリアンダーをスパイスとして使う場合は、独特の風味と香りがあるためほかの食材で代用するのは少し難しいかもしれません。

料理によっては、市販のカレーパウダーで代用することも可能かもしれません。

カレーパウダーにはコリアンダーパウダーが使用されているので違和感が少なく代用できるかもしれません。

スパイスではなく、野菜として使う場合は同じセリ科のセリ、セロリ三つ葉などを使うとパクチーに近い風味が楽しめます。

入手は難しいかもしれませんが、人参の葉を使う方もいるようです。青臭い独特の香りがよく似ているんですね。

どうしてもコリアンダーの葉っぱが手に入らないというときは、セリ科の野菜で代用し、乾燥香菜(ドライ・パクチー)をプラスして使うと隠し味になって、さらにコリアンダーに近い風味が楽しめるのでぜひ試してみてください。









まとめ

コリアンダーはパクチーや香菜などという名で知られているハーブです。

日本では葉を生で使う場合をパクチー、種子や葉を乾燥させて使う場合をコリアンダーと区別していることが多いようです。

このコリアンダーは、独特な香りで苦手になってしまう方もいらっしゃるのですが、身体にとてもよいハーブです。

胃腸の調子を整えたり、美肌つくりを手伝ってくれる働き、アンチエイジングやデトックスなど色々な効果があります。

コリアンダーシードやコリアンダーパウダーを使うと、普段の料理はの隠し味に少し足すだけでおいしくコリアンダーを食べることができます。

ぜひコリアンダーを食べたことがないという方は、生の葉よりもコリアンダーパウダーやシードから食べてみるのはいいかもしれません。

気になるコリアンダーの栽培方法はこちら

あわせて読みたい
コリアンダー栽培方法
コリアンダーの栽培方法!土づくりと害虫対策、室内でも簡単に育てるコツ! コリアンダーは地中海沿岸地域原産のセリ科1年草のハーブで、10種類程度の品種があります。独特な香りを持ち、「カメムシ草」と呼ばれてい...