妊婦さんにおすすめのハーブティーまとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーブティー

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのことを考えると風邪をひいたり頭痛がしたりしても、すぐにお薬を飲んで解決!というわけには、行きませんよね。そんな時、ハーブやハーブティーを上手に生活に取り入れることで、痛みや咳が軽くなったり、気分的に過ごしやすくなったりすることがあります。妊婦さんや授乳中におススメなハーブティーをご紹介していきます。

ハーブによっては、お医者さんと相談しなが摂取した方がいいものもあります。

注意が必要なハーブティーでも、上手に取り入れることで、気分をリフレッシュさせてくれる働きもありますので、一緒にまとめてみました。

ご参考になれば幸いです。

妊婦さん・授乳中におすすめのハーブティーはこちら!!

ジュニパーベリー精油の効能!妊娠中や授乳中に注意することは?

ジュニパーベリーはその名前から甘い果実の香りをイメージしますが、実は森林浴を思わせる樹木系のすっきりとした香りをしています。殺菌効果が高く、昔から伝染病などの感染症を予防するアロマオイルとして知られていました。和名は「セイヨウネズ」、「トショウ」。北半球の乾燥地域に広く分布する常緑の針葉樹で、実の部分を使った精油です。

ルイボスティ妊娠中の飲み過ぎの量は?効果や葉酸との相性・おすすめも紹介 

妊娠中でも愛飲できるルイボスティーの魅力と、おススメのルイボスティーのご紹介です。葉酸との飲み合わせ、赤ちゃんへの影響なども気になるルイボスティーの飲み方は?摂取量の目安なども併せてご紹介します。

リンデンフラワーは妊娠中でもOK?高血圧やむくみ改善にも。おすすめブレンドは?

リンデンフラワーはマスカットに似た柔らかい甘くて香りのするハーブです。お子様からご年配の方まで、幅広くご愛飲いただけるハーブで、妊娠中も安心して飲むことができます。他のハーブと合わせて味にアクセントをつけたり、効果を上げたり、中国茶と合わせることでも、また違ったハーブの楽しみが広がりますよ。ハーブのブレンドや効能などをご紹介しています。

妊婦さんの風邪にハーブティー!頭痛にも効果的なおすすめをご紹介!

妊娠中に風邪をひいたら、ハーブティーがお勧めです。その理由は?片頭痛や緊張からくる頭痛にも効果を発揮するハーブティー。妊婦さんでも安心なハーブと飲むタイミングなどをご紹介。お薬が飲めない人にもおススメですので、ぜひ試してみてくださいね。

ローズヒップティーの効能 実もそのまま食べられる?妊娠中も安心なその理由とは

赤い色と酸っぱさが特徴のローズヒップティー ですが、肌に良いとは聞くけれど実際どのような効能があるのか、ハーブティーではあるけれど妊娠中は飲んでも大丈夫なのか、ローズヒップティーの効能やミネラルやビタミンなどの栄養素、ローズヒップの実について、また妊娠中にローズヒップティーを飲んでも良いのかどうか、まとめてみました。

花粉症や風邪予防にエルダーフラワーその効能は?シミやシワも効果的、妊婦さんにも

ヨーロッパでは昔から親しまれてきたハーブ「万能の薬箱」と言われ、インフルエンザや風邪のひきはじめ、花粉症やアレルギー性の鼻炎などにもその効果を発揮。マスカットのような甘い香りで飲用にも心地よく、身体を温める作用のあるハーブとブレンドしても相乗効果が期待できます。妊婦さんも安心して使える免疫力を高めるハーブのひとつです。

ラズベリーリーフティーは効果なし?その理由と、陣痛や産後にもいい飲み方とは

「安産のハーブ」「妊婦のハーブ」などと呼ばれることが多いいるラズベリーリーフティーですが、本当に出産に効果はあるのでしょうか。ビタミンやミネラルなどの栄養も豊富なラズベリーリーフティーについて、その効能や飲み方、効果が無いと言われている理由などをご紹介します。安定期になってからリラックスや産後の回復のためにもおススメです。

妊婦さんは要注意?取り入れ方を工夫して楽しめるハーブ

フェンネルとは、女性ホルモンや更年期障害に効果あり?その特徴と効果効能

フェンネルは、女性ホルモンによく似た植物性エストロゲンを含むハーブです。更年期のむくみや不安症状などを女性特有の悩みを和らげるハーブとして親しまれたり、母乳が良く出るハーブとして、知られていますが、特に授乳中は多量に摂取することによる危険もあります。ハーブと上手につきいあうために、そのメリットデメリットをご紹介します。

レモングラス・ハーブティーの効能と、妊娠中でもOK?乾燥させてお料理にも!

その名の通り、さわやかなレモンの香りがするハーブ、レモングラス。ダイエットやデトックス、美肌にもいいといわれていますが、その効果と摂取量、妊娠中に飲むとしたらどれくらいの分量までは大丈夫なのか、レモングラスを使ったお料理もご紹介します。

ネトルハーブティーの効果効能や副作用。飲みやすい味で妊娠中もOK?

ネトルはヨーロッパ原産のハーブで、別名をステインギングネトルと言います。日本名ではイラクサとも呼ばれ、古くから親しまれてきたハーブのひとつです。血液を浄化したり、肌のターンオーバーを促したり、ホルモンバランスを整えたりしてくれるハーブですが、妊娠中やある特定の症状のある人は、医師と相談しながら取り入れた方がよい場合もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする