妊娠・授乳中一覧

妊娠中・授乳中のおススメハーブはこちら!

amomaアモマハーブティーの店舗は大阪や東京にある?お得に買えるのはどこか調べてみた

妊娠中や育児中に飲むハーブティーとして人気のAMOMAのハーブティー。購入したいけど、どこで買うのがいいのか悩みますよね。大阪や東京でAMOMAのハーブティーを取り扱っている店舗やどの種類が売ってあるのか。また、店頭販売で取り扱っていないものはどこで購入すればいいのか、お得な購入方法もご紹介しています。

バタフライピーに危険な副作用はあるの?妊娠中や生理中の飲み方と注意点も

バタフライピーは青いハーブティーとして人気を集めています。青色というと飲み物として飲んでも平気なのか、と不安になることもあるかもしれません。バタフライピーのお茶に危険性はないのでしょうか。バタフライピーの危険性や副作用について、そして飲み方や注意点についてもご紹介します。

ジュニパーベリー精油の効能!アロマの注意点・妊娠中や授乳中は?

ジュニパーベリーはその名前から甘い果実の香りをイメージしますが、実は森林浴を思わせる樹木系のすっきりとした香りをしています。殺菌効果が高く、昔から伝染病などの感染症を予防するアロマオイルとして知られていました。和名は「セイヨウネズ」、「トショウ」。北半球の乾燥地域に広く分布する常緑の針葉樹で、実の部分を使った精油です。

妊活にいいタンポポ茶の効果とは!更年期や男性にも効果あり?気になる副作用も

お茶やハーブティーの妊活スペースに行くとよく置いてあるのがタンポポ茶です。見かけたことのある方も多いのでは?ノンカフェインで体に良く、妊娠中も安心して飲めるハーブティーのひとつですが、タンポポ茶は妊娠中だけでなく、妊活中にも効果があるのはご存知ですか?タンポポ茶に多く含まれるビタミンやミネラル、女性ホルモンを活性化させてくれる成分も豊富で、女性ホルモンを整えてくれるので、妊活だけでなく更年期障害にもいいそうです。パートナーと一緒にタンポポ茶を飲むことで男性にも嬉しい効果も

ハイビスカスティーが妊婦さんにも人気な理由と注意点・おすすめのマタニティブレンドも

ハイビスカスティーが妊娠中も大丈夫と言いますが本当に誰にでも大丈夫なのでしょうか。クレオパトラも愛飲したハイビスカスの美容効果。ハイビスカスティーの主な成分から「もしかして?」ちょっと注意したほうがいい場合の状態などもご紹介します。安心してハーブティーを楽しむためにおすすめのマタニティブレンドもご紹介していますよ。

ハイビスカスティー妊娠中でもOKな効果とは?おいしい飲み方とおススメブレンドも

ハイビスカスティーは良く知られている南国のイメージのあのハイビスカスではなく、ローゼルと言うハイビスカスと同じアオイ科のフヨウ属の実を乾燥させたものが使われています。赤い色が美しいハイビスカスティーは妊娠中でも気分をスッキリさせてくれるのでお勧めのハーブティーです。ローズヒップやペパーミントなどとブレンドしてお好みではちみつを加えてお召し上がりいただけます。

レモンバーベナ、ハーブティーは妊娠中でも大丈夫?香水にも使われる香りの特徴も

レモンのような爽やかな香りを放つレモンバーベナ。アロマで香りを楽しむこともできますし、ハーブティーとして楽しむこともできます。シトラス系のスッキリとした爽やかな香りは、気持ちをリラックスさせてくれたり、集中力を高める働きも。妊娠中も安定期に入れば位置に1~3杯程度であれば安心して楽しめるハーブのひとつです。

ラズベリーリーフティーは効果なし?その理由と、陣痛や産後にもいい飲み方とは

「安産のハーブ」「妊婦のハーブ」などと呼ばれることが多いいるラズベリーリーフティーですが、本当に出産に効果はあるのでしょうか。ビタミンやミネラルなどの栄養も豊富なラズベリーリーフティーについて、その効能や飲み方、効果が無いと言われている理由などをご紹介します。安定期になってからリラックスや産後の回復のためにもおススメです。

ジャーマンカモミールティーの効能 簡単な作り方とおススメのブレンドも!

カモミールには、花が大きめのローマンカモミールと花が小さめのジャーマンカモミールがあります。ローマンカモミールとジャーマンカモミールは、効果や効能などの違いもありますが、ここではジャーマンカモミールについて書いています。婦人科系の臓器に良かったり、リラックス効果でストレスを軽減させてくれたり、女性には嬉しいいハーブティーです。

ネトルハーブティーの効果効能や副作用。飲みやすい味で妊娠中もOK?

ネトルはヨーロッパ原産のハーブで、別名をステインギングネトルと言います。日本名ではイラクサとも呼ばれ、古くから親しまれてきたハーブのひとつです。血液を浄化したり、肌のターンオーバーを促したり、ホルモンバランスを整えたりしてくれるハーブですが、妊娠中やある特定の症状のある人は、医師と相談しながら取り入れた方がよい場合もあります。