スポンサーリンク

シナモンパウダーの使い方!人気の飲み物レシピと溶けない時の対処法も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シナモンパウダーの使い方とレシピ

シナモンロールや紅茶やコーヒーなど、シナモンパウダーの使い方にはいろいろあります。漢方にも使われているシナモンは、体を温めたり血行を良くするのに効果的です。

シナモンパウダーを使いたいけれど、お菓子や飲み物にどのように使えばいいかわからず困ってしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は、シナモンパウダーのいろいろな使い方や簡単なレシピ、そして飲み物などに入れて溶けないときの対処法などをお伝えします。

スポンサードリンク

シナモンパウダーのいろいろな使い方

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

☆ちえ☆さん(@smilechie5963)がシェアした投稿

シナモンパウダーは、いろいろな料理に使うことができます。

紅茶に加えるとスパイス感がある大人の味になりますし、しょうが紅茶にシナモンを加えることで体を温める効果も得られます。

リンゴとシナモンはジャムやアップルパイでよく一緒に使われ、とても相性が良いといえるでしょう。

ケーキやドーナツにシナモンシュガーを振りかけるのも、とてもおいしいですね。他にも、カレーや炒め物に隠し味としての辛みと香りづけとして使うこともできます。

肉や魚の臭い消しや香りづけとして使われることもありますよ。

シナモンパウダーは、体を温めたり血行を良くしたりする効果もあるので、積極的に取り入れていきたいですね。

スポンサードリンク

シナモンパウダーの飲み物レシピ

シナモンパウダーを使った飲み物のレシピをいくつかご紹介します。

まずは、シナモンパウダーを使った大人テイストの「カルーアチョコ」です。

コーヒー味のリキュールをコーヒーで割った飲み物を作り、ホイップクリームを上にたっぷりと乗せます。その上に砕いたチョコレートとシナモンパウダーもしくはシナモンシュガーをふりかけます。

カルーアミルク風の濃いコーヒーとシナモンパウダーが大人な味ですよ。ほんのりとアルコールが体あを温めてくれます。

 

次に「ロイヤルミルクティー」にシナモンを使ったアレンジレシピです。

まず、通常どおりロイヤルミルクティーを作ります。トッピングにマシュマロとシナモンパウダーをかけて完成です。

アールグレイの茶葉を煮出すときにシナモンスティックも一緒に煮出すと、さらにシナモン感がアップしておいしいですよ。シナモン好きにはたまりませんね。

シナモン香る♪ロイヤルミルクティー

シナモン香る♪ロイヤルミルクティー

by 貞本紘子

調理時間:5分
Comment

寒いこの時期にぴったりなホットドリンクです。

このレシピを詳しく見る

次は美肌によいとされる豆乳を使った「ローズマリーとシナモンのホット豆乳」をご紹介します。

まず、豆乳200㏄、ローズマリー1/3枝、シナモンパウダー少々を鍋に入れて火にかけます。香りがたつようにゆっくりと温めましょう。

煮立ったら、ローズマリーは取り出します。アーモンド5粒とカシューナッツ5粒をブレンダーでパウダーやペースト状にして鍋に加えます。

メープルシロップをお好みで加えて完成です。デトックス効果抜群のスパイシーな豆乳ドリンクです。

ローズマリーとシナモンの美肌ホット豆乳

Comment

ハーブとナッツでデトックス効果抜群のスパイシー豆乳ドリンク!忙しい朝の栄養補給やデザート代わりに。

このレシピを詳しく見る

最後はシナモンを使った「スパイスココア」です。

ココア小さじ2、シナモンパウダー小さじ1/2、カルダモンパウダー小さじ1/4、ジンジャーパウダー小さじ1/4を、小鍋に入れ香りが出るまで弱火でじっくりと炒めます。

牛乳150mlを用意し、その中の大さじ1~2を小鍋に加えてペースト状に練ります。残りの牛乳、はちみつ小さじ1を加えて、鍋のふちがふつふつしてきたら火を止めます。茶こしでこしてカップに入れたら完成です。

スパイスココア

スパイスココア

by Mie

調理時間:5分
Comment

冷え性にも効果のあるココアに、スパイスを加えてさらにポカポカ効果をアップ!これ1杯で満腹感が出るので、おやつの代わりにもなりますよ!ほんのりスパイシーな味わいがココアのコクをおさえて飲みやすくしてくれます。

このレシピを詳しく見る

シナモンパウダーは意外とアレンジも簡単で、使い勝手の良いスパイスだと思います。いろいろ工夫してみるのも楽しいかもしれません。

スポンサードリンク

シナモンパウダーが溶けないときの対処法

シナモンパウダーをコーヒーなどにふると、溶けずに表面に残ってしまい粉っぽくなります。そのまま飲める場合はよいのですが、粉っぽくて飲めない場合は溶かす方法はあるのでしょうか。

基本的にシナモンパウダーは、樹皮からできているので溶かすことはできません。そこで、他のものに練りこむ方法をおすすめします。

例えば、練乳やはちみつなどです。カップにお好みの量の練乳やはちみつを入れる。そこにシナモンパウダーを振り、よく練りこむみます。そしてインスタントコーヒーの粉末と熱湯または紅茶などの飲み物を少量注ぎ入れ、よく混ぜます。

あとは残りの熱湯や飲み物を入れると、シナモンパウダーも浮いてこず、粉っぽくならないですよ。味はほんのり甘いミルクコーヒーや紅茶になります。

また、牛乳で練ることもできます。牛乳で練るときには、少しずつ足しながらよく混ぜるのがポイントです。

シナモンパウダーとはちみつを混ぜておいて保存することもできますよ。

スポンサードリンク

まとめ

シナモンパウダーの使い方やレシピをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

普段の飲み物にひと手間加えるだけで、シナモンの効いた大人テイストの飲み物になります。シナモンの量はお好みですので、シナモンの辛さがあまり好きではない場合は少量にしてみてもよいかもしれませんね。

シナモンが飲み物に溶けない場合は、はちみつや牛乳などに練りこむことで浮いてくるのを防ぐことができます。ぜひ、粉っぽいのが気になる場合は試してみてください。

こちらも読まれてます
シナモンパウダーはお菓子の香り付けなどによく使われるスパイスで、体を温める効果があることで良く知られています。「スパイスの王様」とも呼ばれるシナモンパウダーですが、どのくらいの栄養があるのかなども気になるところですね。今回はシナモンパウダーの栄養価、カロリー、糖質などについてご紹介していきます。
シナモンパウダーは、一時期テレビなどで薄毛や抜け毛にいいということが話題になりました。髪にいいというのは本当なのでしょうか。また、シミにも効果があるといわれることもありますが本当なのでしょうか。今回は、シナモンパウダーの育毛やシミへの効果について、本当なのかどうかなどということをご紹介します。
漢方としても使われているシナモンは、体を温めたり血行を良くするのに効果的です。シナモンパウダーを使いたいけれど、どのように使えばいいかわからず困ってしまうこともあるかもしれません。そこで、シナモンパウダーのいろいろな使い方や簡単なレシピ、そして飲み物などに入れて溶けないときの対処法などをお伝えします。
スパイスの王様と呼ばれ、豊富な栄養素を含んでいるシナモン。そのシナモンをパウダー状にしたシナモンパウダーは、女性に多いといわれている末端冷え性によく効くといわれています。シナモンパウダーは本当に冷え性に効くのでしょうか。今回は、シナモンパウダーについて冷え性によいとされる理由、摂取量についてご紹介します。
ミイラの防腐剤にも使われたシナモンは、古来、霊的効果を高めるとされていますが、今回はそんなシナモンの体に良い影響を与える成分や、白髪にも効果的なハーブティーのいれかたなどをご紹介します。体に良いからといって取りすぎても逆効果?摂取量の目安なども合わせてご紹介しています。