ガーデニング

ラナンキュラスの花言葉!白や赤・オレンジ・紫や青など色別花言葉と由来も

ラナンキュラスの花言葉や由来
ラナンキュラスの花言葉や由来

ラナンキュラスは花が大きめのものが多く、豪華で可愛らしく魅力のある花です。

結婚式のブーケやフラワーアレンジメント、花束などでも使われることが多く、品がある雰囲気を持っています。

ラナンキュラスは花の色が豊富な植物ですが、それぞれに花言葉がつけられているのをご存知ですか。

今回は、ラナンキュラスの花言葉、白・赤・オレンジ・紫・青のラナンキュラスの花言葉、花言葉の由来についてご紹介します。

ラナンキュラスの花言葉

ラナンキュラス全体の花言葉は「とても魅力的」「華やかな魅力」「魅力ある金持ち」「合格」「大家族」「晴れやかな魅力」「光輝を放つ」「名声・名誉」「美しい人格」と多くあります。

西洋でのラナンキュラスの花言葉は「radiant charm(晴れやかな魅力)」「I am dazzled by your charm(あなたの魅力に目を奪われる)」というものとなっています。









色別の花言葉

ラナンキュラスの花の色別にも花言葉が決められています。

花の色が豊富なラナンキュラスですが、ここでは白・赤・オレンジ・紫・青のラナンキュラスの花言葉をご紹介します。

白色のラナンキュラスの花言葉

白色のラナンキュラスの花言葉は「純潔」というものです。白色にぴったりな花言葉ですね。汚れがなく清らかという意味を持つため、結婚式のブーケや髪飾りなどでよく使われます。

品種としては、エムクリームアルベールなどがあります。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

weddingbouquet.jpさん(@weddingbouquet.jp)がシェアした投稿

赤色のラナンキュラスの花言葉

あなたは魅力に満ちている」というのが赤色のラナンキュラスの花言葉です。ラナンキュラスの全体の花言葉よりもさらに魅力を増した雰囲気です。

エムレッドアトスイタリアなどが赤色のラナンキュラスで、凛とした美しさがあります。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みぃさん(@nanairo_miy)がシェアした投稿

オレンジ色のラナンキュラスの花言葉

オレンジ色のラナンキュラスは「秘密主義」という花言葉になっています。

ラナンキュラス全体の花言葉とは全く違いますし、オレンジは元気になれるような色ですが、贈り物には向かない花言葉ですね。

パラドゥースボーヌエムオレンジなどがオレンジ色のラナンキュラスです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiroko Kondoさん(@xzakyjwq.kk)がシェアした投稿

紫色のラナンキュラスの花言葉

紫のラナンキュラスは「幸福」という花言葉となっています。プレゼントとして贈りやすい花言葉ですね。

赤紫色のデルフィや鮮やかな紫色のエムパープル、エレガントなラベンダー色のエムブルーなどが紫色のラナンキュラスに含まれます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

the sheek Jewelryさん(@the__sheek)がシェアした投稿

青色のラナンキュラスの花言葉

ラナンキュラスは花では珍しく青色のものがあります。

しかし、青色また緑色のラナンキュラスには個別では花言葉がありません。ですので、全体の意味と同じものとして扱うと良いでしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Akiko Okikuraさん(@akikookikura)がシェアした投稿









ラナンキュラスの花言葉の由来も

ラナンキュラスの花言葉にはそれぞれ由来があります。

「とても魅力的・晴れやかな魅力」という花言葉は、ラナンキュラスの花びらがシルクのドレスのような肌触りであること、また明るく鮮やかな色合いの花が咲くことが由来しています。

ラナンキュラスは早春に出回ることが多く縁起が良いとされ、非常に美しく豪華なことから「合格」という花言葉がつけられたとされています。

1つの球根から5~10個の花茎がつき、それぞれに花を複数咲かせることが「大家族」という花言葉の由来となっています。

ラナンキュラスの特徴でもある花びらが重なっていることが魅力的とされ、花びらが多いことが富と関連付けられ「魅力的な金持ち」という花言葉がつけられたとされています。

「名声・名誉」「光輝を放つ」という花言葉は、ルイ9世が関係しているとされています。フランスのルイ9世が、十字軍に加わった際に国に帰るときに持ち帰ったとされているのがラナンキュラスです。

このころのフランスは周りの国と比べ豊かで繁栄したこと、ルイ9世が名君と呼ばれ名声があったということが「名声・名誉」「光輝を放つ」という花言葉の由来とされています。

ラナンキュラスの花言葉の「美しい人格」というものは、ギリシャ神話が由来となっています。

ラナンキュラスという青年とピグマリオンという美青年、コリンヌという美女の悲恋の物語があります。

簡単に物語をご紹介すると、ラナンキュラスにはピグマリオンという友達がいました。ある時、コリンヌに恋をしたラナンキュラスですがコリンヌはピグマリオンと結婚することになりました。

ラナンキュラスはピグマリオンのために自分の気持ちを抑え込んで、2人を祝福し姿を消しました。

ラナンキュラスの死後、お墓の近くに咲いていた花がラナンキュラスだったということです。このことが「美しい人格」という花言葉の由来となっているようです。









まとめ

ラナンキュラスはその花の姿とピッタリな「魅力的」といった意味の花言葉がつけられています。

色別でも花言葉があり、先ほど挙げた以外にもピンクのラナンキュラスには「飾らない美しさ」や黄色のラナンキュラスには「優しい心」という花言葉があります。

贈る相手に会った花言葉のラナンキュラスを贈ると喜ばれるかもしれませんね。

 

ミュゼ公式アプリのダウンロードで半額になるコースも!