ポインセチアの剪定の仕方・適した時期は?後処理の方法と植え替えも

クリスマスムードを盛り上げてくれるポインセチア。クリスマスのイメージが強いかもしれませんが、きちんとお世話をしていると一年を通して、そして毎年楽しむことができます。毎年楽しむためには剪定や植え替えが必要です。そこで、ポインセチアの剪定の仕方や適した時期、剪定の後処理、植え替えの方法までご紹介します。

ポインセチアがしおれる原因は?復活はできるの?その方法も

ポインセチアは赤い葉が特徴的でクリスマスの時期になると多く出回っています。とてもきれいな見た目のポインセチアですが、意外と育て方が難しくしおれてしまうということも多くあるようです。そこで今回は、ポインセチアのしおれてしまう原因について、またしおれたポインセチアを復活させる方法についてご紹介します。

ポインセチアの育て方!屋外でも育つ?春や夏の管理と冬越しの方法も

ポインセチアは赤色と緑色のコントラストが特徴的な植物で、日本ではクリスマスの定番としてよく知られています。ポインセチアを買って育ててみたけれど、葉が赤くならなかったり冬を越せなかったということも多くあるようです。そこで今回は、ポインセチアの育て方や春、夏の管理について、また冬越しについてご紹介します。

クレアオースチンつるバラの誘引の仕方!日陰でも育つ?枯れかけの時の対処方法と花もちの期間も

クレアオースチンはつる性の白バラなので、アーチやオベリスクなどの構造物に誘引して観賞するのが一般的です。誘引は、きちんとしたやり方でおこなうことでクレアオースチンをきれいに魅せることができます。今回は、クレアオースチンの誘引の仕方、枯れかけてしまった時の対処法、そして花もちの期間についてご紹介します。

クレアオースチンをオベリスクやアーチで楽しむ仕立て方のコツ

クレアオースチンは、つる性のバラということでアーチ、オベリスクなどへ誘引して育てられることが多いのですが、仕立て方にコツがあるのはご存知ですか。そもそも、オベリスクはあまり聞きなれない言葉ですよね。どのようなものなのでしょうか。クレアオースチンのオベリスクやアーチへの仕立て方やコツをご紹介します。

つるバラ・クレアオースチンの育て方!失敗しない剪定方法も

クレアオースチンはイングリッシュローズの白バラです。つる性のバラでアーチなどに絡ませて育てられることもあります。バラは育てるのが難しいのでは?と考えるかもしれませんがクレアオースチンは初心者向けのバラと言われています。今回はクレアオースチンとはどんなバラなのか、育て方、また失敗しない剪定の方法をご紹介します。

コキア(ほうき草)の種の取り方!とんぶりとの関係は?食べ方や栄養価も

コキア(ほうき草)の種はとても小さいため、どのようにとればよいのか悩むかもしれません。そのコキアの種は、畑のキャビアと呼ばれるとんぶりという食べ物との関係もあるようです。とんぶりとは一体どのようなものなのでしょうか。今回はコキアの種の取り方、とんぶりとの関係、とんぶりの食べ方や栄養価などについてご紹介します。

コキアが紅葉しない?鉢やプランターに植えたのが紅葉しない原因と対策

秋になるとピンク~紅色に紅葉するコキア。カラーリーフとして花壇などに用いられることもあり、紅葉はコキアの一つの大きな特徴でもあります。そんなコキアが紅葉しないということもあるようですが、なぜなのでしょうか。今回は、コキアが紅葉しない理由について原因と対策方法について詳しくご紹介していきます。

コキア(ほうき草)の冬越しはできる?気になる病気や害虫対策と花言葉も

コキア(ほうき草)は花壇の縁取りやアクセントとしてもよく用いられていて「ホウキギ」などとも呼ばれています。カラーリーフとしても知られていて、秋になるとピンク~紅色へと紅葉します。今回は、コキア(ほうき草)は冬越しができるのかについてや病気や害虫対策、コキアの花言葉などについてご紹介します。

コキア(ほうき草)の種からの育て方!種まきの時期は?失敗しない方法も

コキア(ほうき草)は、ガーデニングのアクセントとしてよく用いられる、丸いフォルムをした植物です。コキアは種からでも比較的簡単に育てることができます。今回は、コキア(ほうき草)の種からの育て方や種まきの時期について、また失敗しない種まきの方法について詳しくご紹介します。