ハーブの楽しみ方

ルイボスティ妊娠中の飲み過ぎの量は?効果や葉酸との相性・おすすめも紹介

ルイボスティー妊娠中も
ルイボスティー妊娠中も

 

健康や美容に敏感な女性にとっては定番のハーブティーといっても過言ではないルイボスティー。

アンチエイジングや体の冷えを抑えるその効能が注目され、今やすっかり日本でも人気の高いハーブティーとして定着しつつあります。

また、妊娠中の女性にも非常に効果的なハーブティーなんです。

今回の記事では「妊娠中のルイボスティー」にフォーカスし、妊娠中に得られる効果、愛飲する上での注意点、また妊娠中にオススメのルイボスティー銘柄などを一気に紹介していきます。

 

妊娠中のルイボスティの飲む量の目安

カルシウム、鉄分、亜鉛・・・妊娠中に失われやすい、これら「ミネラル成分」は積極的な摂取が推奨されています。しかし、食事のみでこれらを適正量(妊娠中は通常より多めに摂る必要がある。亜鉛は1.3倍、鉄分は1.7倍、カルシウムは1.5倍ほど)補うのは難しいですよね。

そんなときに三つの成分がしっかり含まれているルイボスティーを摂ることで栄養補助を出来ちゃうのって嬉しいですよね♪

しかもノンカフェインかつ、ほのかな甘みを帯びた風味(たまに薬っぽいとの評も見ますが・・・)をもち、気軽に飲みやすい点も特徴です。

しかし飲み過ぎる事で腎臓に負担がかかり、処理が追いつかなくなります。

これにより、体内のミネラルバランスも崩れ、低ナトリウム血症を引き起こす場合もあります。従って、いかに飲みやすいとはいえ1日に何リットルもガブ飲みするのは避けましょう。

最適な摂取量は500ml/日がベストかと思います。この量を何回かに分けて飲めばミネラルの供給をバランスよく行えるのでオススメです。

また、内臓系の冷えを防ぐためにも、極力ホットで飲むのが良いでしょう









ルイボスティ妊娠中の効果と葉酸との相性について

妊娠中は、他の栄養素との飲み合わせも気になる所ですよね。妊婦さんに必要な栄養素の1つとして最近注目を集めている「葉酸」との相性はどうなのでしょうか?ルイボスティーを飲むことで得られる効果と、葉酸との相性について。

妊娠中のルイボスティー飲用で得られる効果

  • ミネラル成分の摂取
  • SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)の作用による免疫向上
  • 便秘解消効果

 

記述の通り、ルイボスティーにはミネラル成分が豊富に含まれているため、妊娠中の健康維持にうってつけです。とりわけルイボスティーに含まれるマグネシウムは腸内の水分を増加すさせ腸内を整える効果を持ち、全妊婦さんの敵「便秘」の解消に大活躍してくれます。

他にも、ルイボスティーにはSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)様酵素が含まれ、これは細胞を酸化させる活性酵素を除去する働きがあります。これにより、細胞の老化防止、新陳代謝を高めることで免疫力が向上し、風邪など体調不良を予防できます。妊娠中は薬を気軽に飲めないので、免疫の上がる効果は有難いですよね。

このSODは細胞全般に働きかけるため、肌荒れや髪の毛のコンディションも保ってくれる他、花粉症などのアレルギー症状を緩和させてくれる効果があるのも特筆すべき点ですね。









葉酸との相性は?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sayaka Kuwabaraさん(@barbarararan)がシェアした投稿

葉酸はビタミンB群の一種で、幼児の先天性異常を予防する働きを持ちます。さらに貧血防止や代謝アップの効果もあるので、厚生労働省では葉酸の摂取を推奨されています。(1日の摂取上限量は1mgです。)

主に緑黄色野菜から摂れますが、最近ではサプリで摂る方も多いそうです。

ルイボスティーには葉酸を壊すカテキンが含まれていないため、併用によって葉酸の吸収を阻害する心配は無く、むしろルイボスティーにはない葉酸を併用摂取するのはオススメです。

ただし、ルイボスティーでサプリを飲むのはやめましょう。









妊娠中に人気&オススメのルイボスティについて紹介!ルピシアとコストコも!

これらの効果効能から日本でも非常に人気の高いルイボスティーですが、取扱うブランドや店舗は非常に多いため

 

「どのルイボスティーが良いんだろう?」

 

と迷う方も多いでしょう。

そんなあなたに、妊娠中にオススメの銘柄を紹介していきましょう。

中にはあんな有名店のルイボスも出てきますよ。

コストコ carmien オーガニックルイボスティー

40パック×4箱入り  898円 (価格.com  より)※価格は変動があります

全体で160パックのボリュームで1000円を切るという

「さすがコストコ!!」

ともいうべきコスパの高さが最大の売りのルイボスティーです。

オーガニックである点も非常に魅力的であり、お茶特有の渋みがなく甘い飲み口も高評価の要因の一つです。

ルピシア ルイボスティーシリーズ 

・オーガニックルイボスナチュラル

10パック入り  750円(Amazon.co.jp より)※価格は変動があります

こちらもオーガニックの茶葉を使用しており、安全性は抜群!

また、今回は全ての商品の紹介は割愛させていただきますが、ルピシアにはこの他にフレーバータイプのルイボスティーも取り扱っており、その種類は実に11種類にも上る豊富なラインナップを誇ります。

さすがにお茶の専門店ですね(笑)

特に「ピッコロ」はベリー、アプリコット、蜂蜜のフレーバータイプで程よい甘みがあり飲みやすく、妊婦さんのみならず、お子様など幅広く愛飲して頂けること請合いの一品です。

ゲストへのおもてなしにも良いかもしれませんね。

RT ROOM

ルイボスティースタンダード 3g×20包 1490円 (我が家の家計簿より)

※価格は変動があります

 

実は私の愛用品なのですが、ルイボスティーにありがちな薬臭さが全くないのが良いですね。

ストレートでも十分いけますが甘さが欲しい方は蜂蜜を小さじ1杯ほど加えるとさらに飲みやすくなるのでオススメです。









まとめ

さて、今回は「ルイボスティーと妊娠」にフォーカスしてお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか?以前まで美容・ダイエット効果が高いハーブティーとして認識していましたが、今回、記事を書き綴る中で、それは健康維持も含めた体の内面に作用する栄養価の高さに裏打ちされた結果だと気づきました。それだけ、美容と体の内面の健康は密接な関係にあることを改めて認識することが出来たのです。

そしてそれは、これから生まれてくる赤ちゃんの健康にも同じ事が言えるでしょう。生まれてくる赤ちゃんの健康はママさんが何を食べて、何を飲んでいるかに大きく関係してきます。

最後になりますが、現在この記事を読んで下さっているママさんは、健康的な食事や栄養の摂取を心がけ、どうか元気な赤ちゃんを産んであげてください。

その過程で、この記事が少しでもきっかけになり、あなたがルイボスティーを選択するに至ってくれたら光栄です。