2018年11月一覧

日陰のグランドカバー・サギゴケの増やし方と冬越しの方法も

サギゴケは耐陰性がある植物なので日陰のグランドカバーとして最適な植物です。敷石や飛び石の間や園路の縁取りなどによく使われていますが、グランドカバーとして使う場合はどのように増やしていけばよいのでしょうか。今回はサギゴケの増やし方や冬越しの方法、かかりやすい病害虫についてご紹介します。

パキラの葉が枯れる?その原因と根腐れの対処法・失敗しない復活方法も

パキラは丈夫で育てやすいことで有名で、観葉植物として根強い人気があります。しかし、葉が枯れてしまうことも少なくないようです。愛情を持って育てているのにうまく育てられないと、とても悔しいですよね。そこで今回は、パキラの葉が枯れてしまう原因や根腐への対処法、そして失敗しにくい復活方法について詳しくご紹介します。

日陰のグランドカバーに最適なサギゴケの育て方!種の販売とよく似た花も

グランドカバーとして使われることが多くいサギゴケはご存知ですか。コケと名前についていますが、苔の一種ではありません。サギゴケは日陰のグランドカバーとして最適ともいわれていますが、どのように育てていけばよいのでしょうか。今回は、サギゴケとはどのような植物か、サギゴケの育て方、サギゴケとよく似た花をご紹介します。

ポインセチアの短日処理は秋から?時期や期間とかかりやすい病害虫も

ポインセチアは鮮やかな赤い葉が特徴的な植物です。お店で売っているポインセチアのように、葉をきれいに赤くするには短日処理という処理をおこなわなくてはなりません。今回はポインセチアを育てるうえで気になる短日処理について、やり方や期間など、またポインセチアがかかりやすい病害虫についてご紹介していきます。

ポインセチアの花言葉!赤やピンク・白の意味と黄色はある?なぜクリスマスに飾られるのか

ポインセチアは、クリスマスシーズンなどに出回ることの多い植物で、赤と緑の葉が鮮やかな植物ですね。赤色のポインセチアが一般的ですが、白色やピンク色のポインセチアがあるのはご存知ですか。それぞれのポインセチアには花言葉があります。クリスマスのイメージがあるポインセチアにはどのような花言葉があるのでしょう。

ポインセチアの剪定の仕方・適した時期は?後処理の方法と植え替えも

クリスマスムードを盛り上げてくれるポインセチア。クリスマスのイメージが強いかもしれませんが、きちんとお世話をしていると一年を通して、そして毎年楽しむことができます。毎年楽しむためには剪定や植え替えが必要です。そこで、ポインセチアの剪定の仕方や適した時期、剪定の後処理、植え替えの方法までご紹介します。

ポインセチアがしおれる7つの原因!復活はできるの?その方法も

ポインセチアは赤い葉が特徴的でクリスマスの時期になると多く出回っています。とてもきれいな見た目のポインセチアですが、意外と育て方が難しくしおれてしまうということも多くあるようです。そこで今回は、ポインセチアのしおれてしまう原因について、またしおれたポインセチアを復活させる方法についてご紹介します。

ポインセチアの育て方!屋外でも育つ?春や夏の管理と冬越しの方法も

ポインセチアは赤色と緑色のコントラストが特徴的な植物で、日本ではクリスマスの定番としてよく知られています。ポインセチアを買って育ててみたけれど、葉が赤くならなかったり冬を越せなかったということも多くあるようです。そこで今回は、ポインセチアの育て方や春、夏の管理について、また冬越しについてご紹介します。

クレアオースチンつるバラの誘引の仕方!日陰でも育つ?枯れかけの時の対処方法と花もちの期間も

クレアオースチンはつる性の白バラなので、アーチやオベリスクなどの構造物に誘引して観賞するのが一般的です。誘引は、きちんとしたやり方でおこなうことでクレアオースチンをきれいに魅せることができます。今回は、クレアオースチンの誘引の仕方、枯れかけてしまった時の対処法、そして花もちの期間についてご紹介します。

クレアオースチンをオベリスクやアーチで楽しむ仕立て方のコツ

クレアオースチンは、つる性のバラということでアーチ、オベリスクなどへ誘引して育てられることが多いのですが、仕立て方にコツがあるのはご存知ですか。そもそも、オベリスクはあまり聞きなれない言葉ですよね。どのようなものなのでしょうか。クレアオースチンのオベリスクやアーチへの仕立て方やコツをご紹介します。