2018年06月一覧

レモンマートルの効能と副作用!妊娠中は?ハーブティーの作り方も

レモンのような爽やかな香りが特徴のレモンマートル。妊娠中は要注意な理由やレモンマートルの効能や副作用をご紹介。併せて生のままフレッシュハーブティーの美味しいいれかたや、市販のドライハーブティーの入れ方のコツもご紹介。緑茶と混ぜるとまた違った美味しさで、アイスハーブティーで頂くと、夏場の疲れも癒されます。

レモンマートルの精油の効能!おすすめの使い方と虫除けスプレーの作り方!

レモンのような爽やかな香りのレモンマートルの精油の効能とおすすめの使い方をご紹介しています。虫が嫌うシトラールという香りの成分があるので、虫よけスプレーを手作りしてもいいですね。刺激が強いと感じる人もいます。お肌やお顔に使う時の希釈濃度はどれくらいがいいのでしょうか?生の葉っぱから直接エキスを抽出する方法もありますよ。

レモンマートルが枯れた?室内での育て方と冬越しの方法!花言葉も

夏の暑さにも丈夫に育つレモンマートルですが、枯れてしまった!という声もあります。その原因は一体なんでしょうか?日当たりと水やりがポイントのレモンマートル、室内で育てる時にちょっとしたコツでレモンマートルを長く楽しめます。育て方や冬越しの方法。マートルの種類であるレモンマートルの花言葉は、意外とロマンチックですよ。

レモンマートルの育て方!挿し木や剪定の仕方と植え替えの時期も

オーストラリア原産のレモンマートルは、夏場は40°くらいまで気温が上がっても大丈夫です。水が枯れないように表面が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。冬場は寒さに弱いので管理の仕方に工夫が必要です。挿し木は難しいレモンマートルですが、成長が早いので根づまりで枯れることも。剪定や植え替えで長く楽しむ方法をご紹介しています。

ラムズイヤーのドライフラワーの作り方と利用法!簡単リースの作り方も

ラムズイヤーをドライフラワーにして楽しむ方法をご紹介。ドライフラワーにするには吊り下げたりシリカゲルに入れてレンジで簡単に乾燥させる方法も!リースの作り方やコツ、ハーブの選び方で北欧風の可愛いリースが作れますよ。柔らかい葉っぱのラムズイヤーはツイスティングメソッドという方法を使うとアレンジがしやすくなります。

庭に植えたラムズイヤーの苗が消えた?梅雨時期は要注意!植え替えや株分けのコツも

グランドカバーに植えたラムズイヤーが突然消えてしまった!育てやすいと言われているラムズイヤーが、突然枯れて消えてしまっていたら、落ち込みますよね。無くなる原因や、育てる上での注意点、梅雨時期は特に注意が必要です。元気に育てる方法や枯れそうなときの対処法、また、植え替えや株分けの方法もご紹介しています。

クラピアの刈り込みの道具や方法!北海道でも育つ?ヒメイワダレソウとの違いも

グランドカバーで人気を集めているクラピアですが、北海道でもK5という寒冷地に強い品種が登場して、育てる人が増えています。クラピアとヒメイワダレソウの違いや、伸びた時の上手な刈込のコツ、刈込に適した時期はいつごろでしょうか?刈込に便利な道具もご紹介していますよ。

ジュニパーベリー精油の効能!アロマの注意点・妊娠中や授乳中は?

ジュニパーベリーはその名前から甘い果実の香りをイメージしますが、実は森林浴を思わせる樹木系のすっきりとした香りをしています。殺菌効果が高く、昔から伝染病などの感染症を予防するアロマオイルとして知られていました。和名は「セイヨウネズ」、「トショウ」。北半球の乾燥地域に広く分布する常緑の針葉樹で、実の部分を使った精油です。

クラピアのデメリット!花の時期はミツバチに要注意?病気や害虫予防も

芝生に代わるグランドカバーとして最近人気を集めているクラピア。花の時期が長く小さな可愛らしい花を咲かせる特徴があるクラピアですが、花の時期にミツバチが多くくるという話も。クラピアのメリットとデメリットについて、ミツバチが飛んでくるのは本当か、またクラピアがかかりやすい病気や害虫などについてご紹介します。

グランドカバー・クラピアの育て方!日陰や砂利の上でもよく育つ?追肥の時期も

グランドカバーとして最近人気を集めているクラピア。芝生に代わる植物として有名ですが、どのような場所でどのように育てれば良いのかが分からないと、なかなか手が出しにくいということもありますよね。クラピアはどのような植物なのか、クラピアの基本の育て方、日陰や砂利の場所で育てられるのか、また追肥の時期などについてご紹介します。